チャレンジイングリッシュの口コミ~料金やレベル、アプリの内容など

口コミ・レビュー

4月からの「チャレンジ1年生」に早期申込みをすませました!
その特典として、小学生講座から使える「チャレンジイングリッシュ」もひと足早く使えるようになりました。
実際に使ってみた感想と、チャレンジイングリッシュの料金や内容についてまとめてみました。

→ チャレンジイングリッシュについて公式サイトでチェックする

チャレンジイングリッシュとは

チャレンジイングリッシュは、ベネッセの通信教育で英語を学べる教材です。
受講できるコースは、小学生向けコースと中学・高校生向けコースにわかれています。
進研ゼミの小学生講座から高校講座までアプリ学習は基本料金に含まれています。

でも、チャレンジイングリッシュのみ受講したい人向けのプランも用意されています。
学習の内容は、アプリ+ワーク+オンラインスピーキングの大きく分けて3つあります。
受講スタイルによって、別料金がかかったり無料で利用できたりします。

チャレンジイングリッシュの料金

チャレンジイングリッシュ料金(進研ゼミ受講者向け)

アプリのみ・・・無料
オンラインスピーキング・・・必要回数に応じて有料

回数金額(月あたり)
月1回990円
月2回1980円
月3回2970円
月4回3960円

書き込み式のワークは、月1回以上コースを申し込むと届きます。
アプリのみ利用の場合は、おうちのかたウェブでダウンロードして利用できます。

チャレンジイングリッシュのみ利用の場合の料金

通常価格(税込み)
12ヶ月一括払い39,600円(3,300円/月)
毎月払い3,361円/月

利用料金に含まれているもの
・アプリ利用料
・ワーク(郵送)
・オンラインスピーキング月1回分

進研ゼミ受講者とチャレンジイングリッシュのみ受講者の違い

進研ゼミ講座受講中の場合と、チャレンジイングリッシュのみ受講の場合で基本料金に含まれる内容が違います。

アプリワークオンラインスピーキング
進研ゼミ受講者×
チャレンジイングリッシュのみ

進研ゼミ受講者で、オンラインスピーキングを月1回コース以上申し込むと、チャレンジイングリッシュと同じ内容のサービスを受けることができます。

アプリワークオンラインスピーキング
進研ゼミ受講者
+月1回オンラインスピーキング申込
チャレンジイングリッシュのみ

英検対策コースはどちらのコースも別料金

進研ゼミ受講者も、チャレンジイングリッシュ受講者も、英検対策をする場合はオプション料金が必要になります。
オプション料金の費用はどちらのコースを受講していても同じ料金です。

価格(税込)
1回1290円
2回2580円
4回5160円

小学生向けコースでは「英検5級~2級」まで対応しています。

チャレンジイングリッシュのアプリは何で使える?

チャレンジイングリッシュのサービスは、アプリを使います。
アプリに対応しているのは、iPadとパソコンです。
チャレンジタッチのタブレットはアプリをいれなくても使えるようになっています。
タブレットはアンドロイドには非対応です。
スマホでも利用できません。

チャレンジイングリッシュ中学高校生コースのアプリは、小学生コースのものとは別です。
こちらのアプリはアンドロイドやスマホにも対応しています。

チャレンジイングリッシュを実際に試してみた感想

継続させるための工夫は完璧!

パソコンにアプリをいれてみた

我が家は紙コースの「チャレンジ1年生」を申し込みました。
そのためチャレンジタッチは届いてません。
パソコンで試すためアプリをインストールしました。
アプリは「おうちのかたウェブ」の画面からダウンロードできるようになっています。

最初にレベルチェックがある

無事アプリがインストールされ、初期設定がはじまります。
そして学習をはじめるまえの英語力チェックがあります。

ここで親がヒントを出してしまうと正しいレベル判定ができないため、わからなくても当てずっぽうで答える必要があります。
レベルチェックは、基本的に選択方式のクイズになっています。
英語の音声にたいして、正しいイラストを選ぶような内容です。

ECCジュニア歴2年の娘が取り組んだ結果・・・・
レベル3の判定をいただきました。
レベル3の判定が出ると、その前後の「レベル2」と「レベル4」もスタート地点に選べます。
1レベル落とすか悩んだものの、レベル判定を信じてレベル3でスタートすることにしました。

メインレッスンは楽しいけど行き詰まる

すごろく状にすすむメインレッスンは、クリアの達成感もあり楽しんで取り組んでいました。
ある程度すすめたある日、壁に突き当たりました。

ですが・・・
その解けない問題のフォローが無いのです。

この問題で行き詰まってます。
ここまではヒアリングメインだったのですが、突然のリーディング問題。娘は聞き取って答えることはできますが、英単語の文字はまだ読めないのです。

う~んこれは、自学自習の限界かぁ。

ペットの部屋は大好き

AIスピーキングはうまく聞き取れずにイライラすることもありますが、それなりに楽しんで取り組んでいました。
ペットの犬と遊んだり、AIで女の子とお話するコーナーは楽しんでいました。

英語圏の同世代と会話するなら、こんな感じかな?というシミュレーションができる内容になってます。子供同士の英会話の疑似体験です。

この流れでオンラインスピーキングにも乗り出したいのですが、ちょっと緊張するのか「まだやりたくない」と言っています。
またオンラインスピーキングに挑戦したらこちらで紹介したいです。

無料サービスだから小学生以上はぜひ活用すべき

チャレンジイングリッシュは、進研ゼミの会員なら誰でも無料で使えます。
内容もしっかりしているので、やらなきゃ損です!
オンラインスピーキングを月1回990円の申し込みだけすればテキストもついてきちゃいます。
進研ゼミのおすすめは、月3回コースですが、個人的には月1回コースで様子見が良いかなと思います。

チャレンジイングリッシュ自体は小学生以上を対象としているので、こどもちゃれんじ受講者の幼児さんは利用できません。こどもちゃれんじと併用したいなら、チャレンジイングリッシュのみ単独で申し込むことになります。

他で英語学習をすでにしているなら始めてもいいですが、幼児さんで追加費用を出すなら「こどもちゃれんじイングリッシュ」のほうが取り組みやすいかなと思いました。
実際にパソコンで取り組ませてみましたが、操作の部分で親のフォローが必要だと思う場面がちょこちょこありました。子供が自分の好きなときに好きなだけ取り組むなら、やっぱり幼児さんにはこどもちゃれんじイングリッシュのほうが合っていると思います。

年長さんが1年生コースの先行申し込みをしたなら、ぜひ先取りではじめてみることをおすすめします。

→ チャレンジイングリッシュについて公式サイトでチェックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました